ルテイン高含有(高濃度)サプリを含有量で比較

同じようなサプリメントが多くあるなかで、比較するポイントは何になるでしょうか。

ルテインサプリおすすめ比較ポイント

  • ルテインの配合量
  • ルテインの原料のブランド
  • その他の成分と配合量
  • 製造関連

このあたりでしょうか。
まずルテインの配合量については、絶対この量がベストというのは分かりません。

6mgでいいというメーカーもあれば、20mgくらいがいい、25mgがいいなど、メーカーによって見解は異なります。
含有量を比較していくと、高含有(高濃度)傾向にあるとは感じます。

多ければいいということなら、30mgや40mgがいいのかというとそれも多すぎるのかもという考えもあります。

やはり、この含有量については、口コミやレビューなどを見て検討するのもいいかもしれません。
原料のブランドでいえば、やはりケミンのfloragloルテインが多いですね。それだけ信頼されてるのかと思います。実際に、floragloルテインとその表記がないのを比べると価格が随分と違うように感じます。少し高いかもしれませんが、それでもfloragloルテインを選びたくなる魅力があるのではないでしょうか。

ルテインサプリは、ますます高含有(高濃度)なサプリが求められていると感じます。

極端に価格に差があるなら戸惑いますが、決してそうとも限りません。

例えば、単純にルテインが6mg含有サプリより、30mg含有サプリのほうが安いこともあります。
それもどちらもfloraglo(フローラグロー)ルテインの場合であってもです。

そうなると、やはり特に高含有(高濃度)のほうが好まれるのではないでしょうか。

あとは、ルテイン以外の成分ですね。

ブルーベリー(ビルベリー)やカシス、アスタキサンチン、DHA、メグスリノキ、ゼアキサンチンなどでしょうか、一緒に配合されていることが多い成分というと。

これらが組み合わさって一つにサプリが出来るのですが、その配合比率がポイントですね。

ルテインとビルベリーをメインにバランスよく配合し、その他の成分は少しずつというのもあれば、ルテインかビルベリーのどちらかをメインにしてあとは少々。

そういうのもありますね。

やはりルテインサプリの選び方としては、各成分がそれぞれどれくらい入っているかというのを書き出して比較し、あとはそれに見合う価格かどうかも考えたいところです。

ブルーベリーとルテインはどちらが効果的?

サプリメントに効果があるとかそういう話ではありません。

あくまでブルーベリーとルテインという目に良いと言われてる2つは何が違うのかについてです。
大きな違いは、ルテインは元々人間の体、目などに存在する成分であるということ。

ブルーベリーは、体内に存在するものではありません。

そもそも栄養を補助食品とするサプリメントにおいて、不足する栄養を補うという点を考えるとブルーベリー(ビルベリー)は、サプリの原料にはなりえないものとも考えられます。

つまり、ブルーベリーエキスのサプリを摂ることは不足する栄養を補うということにはならないのではということです。

ビルベリーに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、それが目の疲れなどにも効果があるとも言われていますが、効果、効能を証明する根拠となるデータは見たことがありません。
アントシアニンがパイロットの目に効果があったような話もありますが、根拠となるデータはないようです。

そもそも目の調子というのは、日によっても違いますし、ましてそれほど昔の一人の人のことで結びつけるには無理があるように思います。

こじ付けと言われても仕方ない気がします。

ではビルベリーなどのサプリに全く効果がないかというと、そう言い切れるわけでもありません。
ただ、不足する栄養素を補うわけではありませんので、本当にそういう作用があるかという根拠が見つからない限り、ブルーベリーが目に良いとは言い切れないのも事実です。

個人的には、やはりルテイン(lutein)のほうが目にはいいのではないかと思います。

ルテインを多めに、サポートにビルベリーエキスならいいと思いますが、ブルーベリーエキスがほとんどで、ルテインはわずかというのはどうなんでしょうね。

ルテインの1日必要目安は?

ルテインは食品から補うことができます。ルテインを多く含む食品で紹介したような野菜など、バランスよく食べていれば、ある程度は補えることと思います。

では1日にどれくらいのルテインを摂れば理想なのでしょうか。

これも様々な意見があるため、この数値が確実というのが分かりません。

発売されているルテイン配合サプリメントを見れば分かりますが、それぞれ配合量が異なります。
1日目安6mg、10mg、15mg、20mg、25mg、30mg、40mgというのは見かけたことがあります。

それぞれのメーカーがこれが理想という数値を元に開発しているかと思いますが、具体的に、どれが1番いいのかとなると、現時点でははっきりした答えがありません。高含有(高濃度)タイプが人気な傾向にあるとは思います。

ルテインはサプリメントで過剰摂取にならない?

調べている限りでは、上記の量なら過剰摂取にはならないかと思います。

しかし、ルテインにも合成と天然のがあるわけで、一概にルテインという成分だけで決めるのは危険かもしれません。

もちろんマリーゴールドのような天然の素材から作られたルテインのほうが安全かと思いますが、それ以外の方法で造られているのもあるようです。

フローラグロー(FloraGLO)のルテインというのがありますが、安心できるということで、まずはこれが使われてるかで決める方もおられます。ただ、それ以外の原料のに比べると割高感はあります。

サプリメントは栄養補助食品ということで、副作用はないという話を聞いたことがありますが、これは間違いです。

食品ですので副作用とはいいませんが、やはり過剰に摂取しすぎると、体の中で何が起こるかわかりませんので、メーカーが決めている目安以上飲むのは避けたほうがいいでしょうね。

1日目安が1粒であるなら、それ以上飲まないということです。自分の判断で必要以上に飲んでいると、体調に異変が起きる可能性も否定できません。

高含有(高濃度)といっても、50mgや60mgといった含有量のルテインサプリはまだ見たことがありません。一つの区切りが40mgといったところでしょうか。

積極的に摂りたいルテイン含有食品

ルテインは目の水晶体や黄斑部などに多く含まれますが、加齢とともに減少するといわれています。

そのルテインを補うにはやはり食事が基本ですね。

ではどんな食品にルテインが多く含まれているのでしょうか。

代表的なものは緑黄色野菜です。

ブロッコリー、パセリ、ほうれん草、ニンジンなどにも多く含まれます。

それぞれにルテインがどれくらい含まれているかというのはいろんなサイトで公表されていますが、果たして本当にそれだけ含まれているのかというと、これが分からないのです。

野菜の栄養価が以前に比べると下がってるといわれているのは有名な話ですが、実際に国が出してる「日本食品標準成分表」を見ても、確かに「ほうれん草」のビタミンC含有量が下がっていたり、その他の野菜でも同じように様々な栄養素の含有量が減っているのがよく分かります。

土地や化学肥料など、影響しているものは諸説ありますが、要は、これくらいのルテインを摂るなら、これくらいの野菜が必要ですよという説明自体が意味をなさないのではないかと思います。
栄養価が下がったとは言われていますが、果たしてそれが本来の数値なのかという疑問もあります。

旬の時期と旬でない時期では、野菜の栄養価も異なるでしょうしね。

ほうれん草○束分をルテインサプリで摂る

多くのルテインサプリメントの紹介文に記載されているのは、このサプリメントで、ほうれん草何束分を摂れるという表記です。

先ほど書いたように、今現在の野菜の本当の栄養価というのは、時期にもよるでしょうから、一概には言えないというのが本当のところではないでしょうか。

となると、「ほうれん草○束分のルテインが入ってます」という記載を証明することができないわけです。

結局、今日食べる野菜の栄養価もだいたいは調べれば分かるのかもしれませんが、正確な数字は誰にも分からないのではないでしょうか。

そういう分からないことを考えるより、「こういう食品にはルテインが多く入ってる」というような情報を頭に入れておきながら、あまり神経質に考えず、幅広い、バランスのより食事を心がけたほうが良いのではと思います。

簡単なことではありませんが、品数を1品でも増やせば、それだけ摂取できる栄養素も増えるでしょうから、まずは品数を1品増やすことから考えてみるのもいいかもしれませんね。

ルテインサプリおすすめは高含有(高濃度)
ルテインサプリでおすすめなのはフローラグロールテインを使っていて、含有量が20mg以上で天然原料で値段が安いのです機能性表示食品のルテインサプリメントもおすすめです。高濃度(高含有)ルテインサプリがますます人気です。
目のサプリ ランキング
目のサプリとは言うもののサプリなので効果ははっきりしませんが、レビューや口コミレポを見てる限り効果はありそうです。

ルテインサプリメントはどこまで含有量が増えるのか?

最近のルテインサプリメントでよく見かけるのが、1日目安に20mg以上ルテインが含有されているタイプです。いわゆる高含有タイプです。

果たして、どこまで多くなるのでしょうか。30mgとうのもありますし、40mgというのもあります。

希望を言わせてもらうと、年齢によって、どのくらいの含有量のルテインサプリを飲むのがベターなのか目安があればいいのですが、恐らく店舗に問い合わせしても、サプリメントですから一概には言えません、という回答が返ってくることでしょう。

私の場合は、これ以上視力が低下することはないでしょうけど、時々、飛蚊症のような症状もありますので、目に対する不安は増えています。白内障や緑内障になっている知り合いも増えていますから、今のうちに予防はしておきたいところです。

目の疲れは、パソコンを使う仕事しているうちは避けることはできないでしょうから、目の充血の前に、目を休める習慣をつけたいところです。

子供にルテインサプリは飲ませていませんが、もしかしたら、子供のうちから少しでも飲むほうがいいのかもしれません。もしくはルテインを多く含む食品を積極的に摂らせてあげたいです。