フィナロイドが1番おすすめ

フィナステリド1mgと5mgは副作用があることを知っておく

何かものを買う時。それがサプリメントであれ薬であれ、良い効果があるからには、悪い効果もありえるということを知っておいたがほういいと思うことがあります。

サプリメントは食品だから副作用はないと言われていますが、やはり体質に合わないことはありえるということは知っておきましょう。

まして医薬品であれば、副作用は当然ありえるわけです。

今回はフィナステリドのことです。

フィナステリドといえば、プロペシアが有名ですが、今は海外製の安いのがたくさん出てきます。

プロペシアと同じく、フィナステリド1mgのだけでも、こういうものがあります。

フィナロイド、フィナバルド、フィンペシア、フィナロ、エフペシア、フィライド、ハリフィンなどですね。

さらに、フィナステリド5mgとなるとフィンカーがあります。

今回は、フィンカーはおいといて、フィナステリド1mgのことを書いておきます。

フィナステリド1mgにも種類がある

フィナステリド1mgだけでもこれだけ種類があるんです。どれにするか迷いますよね。

値段が安いのにするか、評判が良いのにするか、誰かが使っているのにするか。

選び方についてはまた別に時に書きますが、今回は副作用のことです。

フィナステリド錠で多い副作用が、肝機能についてですね。肝臓の数値が悪い人は飲むのは控えたほうがいいみたいです。

これは実際に僕も病院で言われました。最初にプロペシアを処方してもらう時に聞かれました。

こういうことをまず知っておきましょうということです。

フィナロイドをはじめ、フィナステリド錠の多くは30錠タイプと100錠タイプの2種類が販売されているケースがあります。

最初から100錠のほうがかなりお得ですので、僕はそうしましたが、もし何か気になる点があるなら、最初は30錠にしたほうがいいかもしれませんね。