フィナロとフィナロイド比較【保存版】効果と価格と副作用も比較

フィナロとフィナロイド比較【保存版】効果と価格と副作用も比較

「フィナロド」と「フィナロ」どっちを買えばいいの?

そんな疑問ありませんか?

だってね、名前も似てるし、何がどう違うのかよく分からない!

そんな口コミもみかけます。

今回は、その2つ「フィナロイドとフィナロ」を徹底比較します。

では、比較の前に、僕がどこで購入しているかを先に紹介しておきます。

どちらもオオサカ堂という個人輸入代行サイトです。

まずは比較表をご覧下さい。

フィナロ フィナロイド
価格 2,623円 2,951円
効果 同じでしょう
副作用 同じでしょう
飲み方 1日1錠
併用 ミノタブやミノキシジル育毛剤

詳しくはこの後に書きますが、先に結論を書くとこうなります。

フィナロイドとフィナロの比較
価格以外に違いは見つけられませんでした。そうなると、販売価格が安いフィナロの勝ちですね。通販での購入はどちらにするにしても、オオサカ堂がおすすめです。

まずは「フィナロ」はこちらです。

画像リンク

そして「フィナロイド」がこちらです。

画像リンク

フィナロイドとフィナロを価格で比較

恐らく、これが一番重要でしょう。

フィナロイド
1箱100錠 2,951円
2箱200錠 4,984円(1箱100錠当たり2,492円)
3箱300錠 6,995円(1箱100錠当たり2,331円)

フィナロ
1箱100錠 2,623円
2箱200錠 3,989円(1箱100錠当たり1,994円)
3箱300錠 5,683円(1箱100錠当たり1,894円)

前提条件をいくつか挙げておきます。
この価格はオオサカ堂でのフィナロイドとフィナロの2020年4月末頃の価格です
今後価格は変動されることが予想されます
フィナロイドには30錠いりもありますが、統一するためどちらも100錠タイプです。
フィナロには100錠入りしかありません。

フィナロイドとフィナロの価格はこれほど違うんです。

この比較は大きいですよね。

では、次は「効果」について比較してみましょう。

フィナロイドとフィナロを効果で比較

効果については、フィナロイドもフィナロも「男性型脱毛症の遅延」です。

ちなみに「発毛促進」という効果ではありません。

あくまで「脱毛の遅延」の効果によって、頭髪の成長サイクルにおける、成長期を長くし、十分に成長するまで髪の毛が伸びるのを助け、結果的に、薄毛を改善、男性型脱毛症を克服ということに繋がります。

なぜ、脱毛の遅延効果があるかというと、それは成分として「フィナステリド」が含有されているからです。

それではフィナステリド量を比較してみましょう。

フィナロイド 1mg(1錠中)
フィナロ 1mg(1錠中)

同じです。

フィナステリド自体の品質を比較することが出来ませんので、効果については同じ。

僕の結論としてはそうなります。

フィナロイドとフィナロを副作用や初期脱毛で比較

どちらも医薬品ですから副作用はあります。

初期脱毛は副作用と言えるかはわかりませんが、飲み始めに出ることがあるとうことで、副作用とうい分類でここでは書いておきます。

では、フィナロイドとフィナロの比較です。

結論としては「同じ」となります。

リビドー減退、肝機能障害などの症状が出る場合があります。

なぜ同じなのかというと、副作用というのは、有効成分の効果があるかわりに起きえる予期せぬ症状です。

ということは、フィナステリド1mgが同じなので、あれば当然副作用も同じと考えられます。

フィナロイドとフィナロを飲み方で比較

飲み方もそれに伴う注意事項も同じです。

フィナロイドもフィナロも飲み方としては、1日の1錠です。それが上限です。

注意点としては、飲めるのは男性だけであり女性は触れることも避けたほうがいいということ。

半分に分割したりして飲むのはだめということ。

特に、妊娠中、授乳中の方は、錠剤に触れることも避けなければいけません。

ということで、飲み方を比較しても違いはありません。

フィナロイドとフィナロのおすすめの併用を比較

ここまで来るとだいたい予想できると思いますが、フィナロイドもフィナロも価格以外では比べようがありません。

ですので、何と併用するのがおすすめかも、やっぱり同じです。

では何と併用するのがいいか?

一つ目は「ミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。

フィナステリドは、脱毛抑制が効果です。それに対して、ミノキシジルタブレットは、発毛促進です。

ということで、この2種類を組み合わせて飲むことで、育毛効果が高くなる可能性があるということですね。

二つ目は「ミノキシジル育毛剤」です。

フォリックスやリグロースラボや爆毛根ローションなどが該当します。

フィナロ(フィナロイド)やミノキシジルタブレットは内服薬ですが、それに対して外用薬としておすすめな併用がミノキシジル育毛剤です。

リアップなら濃度が5%になりますが、海外製の育毛剤なら、フォリックスFR16で最大濃度の16%であり、それまでの間に15%とか12%とか、いろいろなタイプの濃度から選ぶことが出来ますね。

「フィナロド」と「フィナロ」の比較まとめ

それでは最後に、フィナロイドとフィナロについて、他に想定される疑問について、まとめておきます。

フィナロで初期脱毛はありますか?

これは非常に多い疑問のようで、いろんな書き込みが見られます。

僕なりの答えを書いておきます。

時々、フィナロに初期脱毛はあります。と断定している書き込みがありますが、それは一概には言えません。

私自身は、一番初めに飲んだフィナステリド錠はプロペシアでしたが、初期脱毛はありませんでした。かなり個人差があるんだと思います。

ただ、実際に初期脱毛が起きた人はいるようですので、口コミを見てて分かったのですが、その場合は、やはりすぐに使用を中止するか、そのまま続けるかの選択で迷うことでしょう。

もし、初期脱毛が起きたとして、それがどのくらいの期間続くのかは、これも誰にも分かりません。自分で決断するしかありません。

僕なら、やはり3ケ月たっても、抜け毛が減らないなら、中止するかなと思いますが、その時にならないと分かりません。

もう少し飲んでも大丈夫かなとか、あと1週間飲んでから決めようとか、結論を先送りにしてしまうこともあるかもしれませんね。

フィナロもフィナロイドも初期脱毛はありえますが、個人差があるということを覚えておきましょう。