スマホ老眼が増えて目薬に頼る人も増えてる?ルテインも人気?

NO IMAGE

相当昔な話ですが、目薬をさしすぎると、自分で涙を出す能力が衰えてしまうので、さしすぎもよくないみたいなことを聞いたことがあります。果たして本当なのかどうかは分かりませんが、最近はスマホ老眼が増えていることもあって、目薬もちょっと高めのが人気だったりするみたい。

私が知ってる目薬って500円くらいかと思ってたけど、今は1,000円以上も珍しくないようですね。
乾燥を防ぐのは当たり前で、それだけ高いのを買うんだから、目の調子が良くなってもらわないとってことで、薬局や通販でも目薬を見る時間が増えました。

例えばライオンの「スマイルザメディカル A」とかいいですね。防腐剤は入っていなくて、眼科用薬って書いてました。
商品名でも分かりますが、ビタミンA浸透処方とうことで、目の乾きを改善してくれそうです。
2018年3月の発売のようだから、まだ出て間もないようですが、値段は1,400円だったと思います。
どうも角膜を修復してくれたり、瞳に涙をとどめる効果があるようです。

効能の項目には「目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感」と書かれています。

ただ、私もメガネにしたりコンタクトにしたりですが、「ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないで下さい。」と書かれていますので、コンタクトしてる時は、ちょっと面倒ですが、コンタクト時でもさせる目薬にしたほうが良さそうです。

目薬って高いのから安いのまであるので、どうしても高いほうが効果が高いのではと考えてしまいます。

スマホ老眼から目薬も必須な生活へ

スマホに限らず、ゲームでもそうですが、画面を見続けてると、瞬きの回数が減ってしまいます。そうなると、目が乾燥してしまい、ゴロゴロしたり、ピント調節機能が衰えるスマホ老眼っぽい症状が出たりするんです。
ですので、スマホ老眼にならないためにも、スマホの時間を減らしたり、場合によってはルテインサプリメントを飲んでみるのもいいのではないでしょうか。