スマホ老眼は治せる?予防しかない?症状改善に効果のある対策は?

NO IMAGE

年を取ると、老眼になるというのは当たり前というか、老化現象の一つかと割り切れる気がしますが、どうやら最近は、20代でも30代でもスマホ老眼といって、若いのに老眼のような症状がでることも珍しくないようです。

老眼とスマホ老眼の違いは?

いわゆる老化による老眼と、スマホの見すぎによるスマホ老眼は何が違うのでしょう?
どちらもピント調節機能が衰えるわけですが、「老眼」は手元のピント調節機能が低下してしまうと、そこから改善というのは難しいのですが、「スマホ老眼」は一時的に低下してしまうだけですので、取り返しはつきます。

ただ、そのままの状態が続けば、加齢による老眼になるのが早くなってしまうこともありえます。

スマホ老眼にならないための対策は?

スマホ老眼にならないためにできることはたくさんあります。

もちろん「スマホ老眼」だけに限らず、目の健康を考えるなら、どれも大切なことです。

老眼以外でも、40代以降になるとリスクが高くなる目の症状としては、加齢黄斑変性症に白内障、そして緑内障に、飛蚊症などですね。長年カラコンをつけてたりして目に過酷な環境が続いていたりすると、さらに心配なところです。

スマホ老眼を予防、改善するためにすること。

まずは、目を休ませること。当たり前ですが、なかなかそれが出来ないのが現状ではないでしょうか。

特に寝る前にスマホの画面を見るというのは、健康的な睡眠の妨げにもなりますから、何もいいことがありません。
まずは、寝る前、できれば、寝る1時間前には、スマホはもちろん、テレビなども見ないようにして、寝る準備をしたほうがいいですね。

あとは、長時間続けてスマホの画面を見ない。1時間たったら少し休憩を入れるとか、ちょっとずつでもいいので、目を休める時間を設けるべきです。

そして、スマホから目を離して画面を見ることも重要です。

特に寝る前にスマホを見ようとすると、近視の人の場合は、かなりスマホを目に近づけてみることになるので、尚更目に悪いですね。

スマホ老眼にルテインサプリメントで予防

ファンケルえんきんはルテイン機能性表示食品【老眼にサプリは?】

前に「えんきん」とうサプリのことを書いたんですが、そのサプリはピント調節の働きを考えてくれてるみたいですが、「スマホえんきん」というタイプも今は発売されています。ルテインという目にも存在している成分などが補えるということと、ファンケルというメーカーがサプリではすごい人気みたいなので、それもあって、定番みたいです。
20代からサプリを飲み始めるのが早いのかどうか分かりませんが、目を酷使する習慣がついているなら、こういうサプリも常飲してみるのもいいのではないでしょうか。

それと、目の周りの筋肉の緊張をほぐしてあげるのも効果があるようです。
目をぎゅっと閉じて、ぱっと開いてを何セットかするのもいいみたいです。血液の流れもよくなるようです。
血流が滞ることがいかに身体に悪いかはよく耳にしますが、ついつい、何かに夢中になっていると瞬きを忘れることもありますし、身体もじっとしたままで、全身の血液の流れも悪くなっているのではないかと思います。
いずれ老眼鏡をかける日がくるかもしれませんが、値段は安いかもしれませんが、それでも面倒ですし、改善できるにこしたことはないかなと。改善できるトレーニングもあるようですので、そういったメソッドを用いながら、レーシックとかは怖いので考えてないけど、改善のためのアプリもあるけど、それって逆に目に悪いとかってないのか心配なので、書店で並んでいるようなのから試してみようとは思います。だいぶ前に買った事はあるんです。
真っ黒の目がねで、そこに小さな穴がたくさんあいているんです。そのメガネをかけると、すごく見やすいんです。どうやら、小さなアナから除くと近視が矯正されるみたいですね。