40代になるとメンタルの浮き沈みが増えてメンタルヘルス不調になることも

年齢関わらず、どうしてもメンタルが揺れ動くことはあります。

嬉しいことも、楽しいことも、悲しいことも、辛いこともありますからね。その都度、精神状態というのは違ってくると思います。

それが、年齢によるものもあるようですね。それはホルモンバランスだったりするのかもしれません。

30代の頃より、40代になってからのほうが、ちょっと考えがちだったりする気がします。

ですので、それを落ち着かせるために、凹みすぎないように、ワクワクすようなことを考える習慣が出来ればいいなと思ったりします。

例えば、少し先に楽しみをみつけておくとかでもいいと思います。何でもいいです。

ずっとこのまま同じような日々が続くと思うより、何か楽しいことが、この先にもありそうだなと思うと、その日も頑張れるのではないかと思います。

メンタルヘルス不調のこと

これは自分自身がそうですが、メンタルヘルス不調だなと思うこともあります。

夜になって一人になって、いろいろ考え込みだすと、そこからなかなか抜け出せないイメージです。

うつ状態とまではまだいかないかもしれませんが、この先は分かりません。

普段は、美容と健康の肉体的なことは書いていますが、今まではメンタルの健康については触れてこなかったので、今後はそういうことも書いていけたらと思っています。

参考にするのはやっぱりちゃんとしたところの情報からということ、こういうサイトを今後はチェックさせていただいたりします。

メンタルヘルス不調者の早期発見・早期対応の手引き

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/

コミュ力おばけのこと

メンタルヘルスを自力でコントロールする、自分で精神的な調子を整えることが出来れば、それに越したことはありません。もし、それが無理なら、スクールなりセミナーなり本なりで、知識を得ることも必要になると思います。

多くの悩みは対人関係にあると言われていますが、いかにコミュニケーション力を上げるかは、多くの人が抱える課題だと思いますが、果たしてそれを日々意識したりできるかということです。

そこで、こういうサイトも参考になりますよというページを載せておきますので、よければご参考にしていただけたらと思います。

コミュ力おばけとコミュ力を上げる方法関連

コミュ力おばけ【就職も転職も仕事もコミュニケーション能力が大切】

就職や転職の時の面接でも、コミュ力おばけは力を発揮することも多いです。やはり、面接の時の印象というのは大切です。また、職場でのコミュニケーション能力によって、どういう環境で働くことが出来るかも違ってくることでしょう。

コミュ力おばけの作り方~あがり症克服編

コミュニケーションにおいて、あがり症だったりで人と接するのが苦手な人もいることでしょう。人前に強くなるコミュ力についてだったり、コミュ力おばけの特徴なども載っています。

自分がこうなりたいと思う人の真似をするのもコミュ力を上げる方法の一つでしょうね。

コミュ力おばけになるのは簡単ではない

コミュ力を上げる方法を書いていくと、それなら出来そうだと思うかもしれませんが、これが案外難しかったりします。

時間がかかりますよね。だって普段のやりとりを変えていくわけです。習慣というか、無意識でしてるようなことも変えていくことになるわけですから、当然時間がかかるものと思っておいたほうがいいでしょう。

コミュ力を上げる方法は本でも分かる

コミュニケーション力を上げる方法は本屋に行けば、何冊も売っています。それを何冊か購入して読めば、方法は分かります。

でも、それでもコミュ力が上がらないことがあります。そんな時は、スクールに通うのも一つの方法です。学校や講座やセミナーや研修でもいいです。

この人からならいたい、教わりたいという人が見つかると案外上手くいくこともあります。

コミュニケーションに答えはありません。誰かがその方法を教えてくれても、別の人からすると、その方法は間違ってるといわれるかもしれません。

ですので、自分なりのコミュニケーション術を身につけるしかないと思います。

傾聴力とか言いますが、そんな簡単なものではありません。ですので、話を聴くのが上手い人のそばにいるのも大事ですね。